制作物や活動内容の紹介

 

オオカミ35号 発行しました。
詩や文芸やその他のフィールドで活躍している新人からベテランまでの詩人・作家の参加型マガジン。
詩作品・イラスト:みよおじ愛已、鹿又夏実、鈴木正枝、梅津弘子、日野零、佐相憲一、石川厚志、前田利夫、宮坂新、金子忠政、佐々有爾、冨田民人、登り山泰至、小桜ゆみこ、長尾雅樹、あたるしましょうご中島省吾、平川綾真智、福士文浩、光冨 郁埜
表紙画:志久浩介
デザイン:光富由美子+光冨郁埜
編集DTP:光冨郁埜
amazonで販売開始。
アマゾン販売

 

オオカミ34号 発行しました。
それぞれのシーンで活躍している新人からベテランの二十名の詩の書き手たちの作品を収録。
執筆:坂井信夫、石川厚志、颯木あやこ、鈴木正枝、佐相憲一、日野零、猫町すみす、梅津弘子、鹿又夏実、森雪拾、宮坂新、前田利夫、みよおじ愛已、あたるしましょうご中島省吾、登り山泰至、長尾雅樹、平川綾真智、福士文浩、光冨郁埜、小桜ゆみこ
表紙画:志久浩介
デザイン:光富由美子
編集:光冨郁埜
amazonで近日販売開始。
オオカミ在庫僅少。

 

登り山泰至詩集【ゼロの錯視】(amazon Kindle版/オオカミ編集室)
40篇からなるイメージが濃厚な詩群。
――「すなわちそこからゼロが始まる」(冒頭の詩・「ゼロの錯視」より)
定価500円

登り山泰至(のぼりやま・やすし) 【著者略歴】
1982年大阪狭山市生まれ。理系専門学校を経た後、大手メーカーの研究職、技術者、営業員などの他様々な職業を経験。傍らゲームシナリオライター、電子書籍小説の出版、詩、エッセイの著述活動、ライター、ミュージカルや映像の俳優として活動。株式会社VERSUS代表取締役。関西詩人協会会員。近年は慈善活動に積極的に参加。


画・志久浩介
デザイン・光富由美子
編集・光冨郁埜
amazon販売

 

オオカミアンソロジー2018 発行しました。
参加者:
鳥——イラスト・光富由美子
風の巨人——森 雪拾
走り抜ければ——宮坂 新
つぎはぐ——中村梨々
太陽の破片——光冨郁埜
光る砂——光冨郁埜
光に守られて——イラスト・光富由美子
ちいさなひとつ——猫町すみす
記憶と金魚——登り山 泰至
新子安の冷蔵庫——鹿又夏実
仙台の都会の女の子——あたるしましょうご中島省吾
愛の名前——前田利夫
「メラレウカ」——平川綾真智
顔——柴田望
トラツグミの鳴く夜に——福士文浩

表紙画 志久浩介
扉絵・デザイン 光富由美子
編集発行 光冨郁埜
定価332円

amazonで販売開始。

オオカミアンソロジー2018 amazon販売ページ

 

オオカミ33号 発行しました。
参加者:
坂多瑩子、岡田ユアン、颯木あやこ、中村梨々、鈴木正枝、佐々有爾、日野 零、
森 雪拾、冨田民人、宮坂新、鹿又夏実、佐相憲一、登り山泰至、梅津弘子、千 直明、
佐波ルイ、猫町すみす、平川綾真智、木内ゆか、あたるしましょうご中島省吾、長尾雅樹、
長屋のり子、福士文浩、坂井信夫、光冨郁埜、広田修、光富由美子
表紙画:志久浩介
編集スタッフ・デザイン:光富由美子
編集発行:光冨郁埜
定価600円

amazonで販売開始。
バックナンバーはamazon及びオオカミ編集室にありますのでお問い合わせを。
オオカミ33号 amazon販売ページ

 

中村梨々詩集『青挿し』 表紙絵・イラスト 領家明子
編集 光冨郁埜
 
【本の内容】
中村梨々詩集『青挿し』(オオカミ叢書)
著者3冊目の本にあたる。31篇の詩を集めた作品集。
領家明子の表紙絵・挿絵、広田修の「てびき」、光冨郁埜編集。


【著者略歴】
中村梨々(なかむら・りり)
1964年 島根県生まれ。詩誌「狼」「喜和堂」「山陰詩人」に参加。
第4回「poeniqueべすぽえ」に選ばれる。
詩集『たくさんの窓から手を振る』(ふらんす堂)
詩画集『せんのえほん』絵coca(七月堂)

2019年・第29回日本詩人クラブ新人賞候補作品

amazon及びオオカミ編集室で販売。

 

ダーザイン詩集『青の果て――佳子シリーズ』(Kindle版) 表紙絵 志久浩介
編集 光冨郁埜
 
【本の内容】
ネットの文極叢書1巻。文極の創始者・ダーザイン(武田聡人)の詩集。残酷な世界性と美しい抒情の作品集。

【著者略歴】
ダーザイン(武田聡人)
詩集『永遠なんてなかった』(詩学社)
ネットの詩と批評のサイト「文学極道」創設者・初代代表
 
amazon・Kindleにて販売。

 

光冨郁埜詩集『豺(ヤマイヌ)』 表紙絵 志久浩介
編集 光冨郁埜

【本の内容】
雑誌「詩と思想」「狼」「羊が丘」などに発表された作品を含む18篇の詩編。1部ひととひとのつながりをテーマとした自由詩「ひとの声」、2部幻想的な精霊的な女と青年の交流の連作散文詩「潮騒」、3部現代の荒野を舞台にした青年とヤマイヌの物語的連作散文詩「豺(ヤマイヌ)」からなる。
 
【著者略歴】
1967年生まれ。「詩と思想」「狼」ほかに執筆。第2詩集『サイレント・ブルー』(土曜美術社出版販売)にて第33回横浜詩人会賞受賞。今回の『豺(ヤマイヌ)』は第4詩集にあたる。日本現代詩人会、日本詩人クラブ、横浜詩人会所属。文芸誌「狼」編集発行者。狼編集室発行人。

  • 1996年・光冨郁也詩集『堕天使のメルヘン』(新風舎)
  • 2001年・光冨郁也詩集『サイレント・ブルー』(土曜美術社出版販売)第33回横浜詩人会賞
  • 2006年・光冨郁也詩集『バード・シリーズ/斜線ノ空』(狼編集室)
  • 2014年・光冨郁埜詩集『豺(ヤマイヌ)』(狼編集室)
  • *筆名を光冨郁也から光冨郁埜に変更


amazon及びオオカミ編集室で販売。